10,000円以上ご購入で「送料無料!」  平日15時までにご注文頂いた商品は「即日発送!」

  • 新規登録
  • ログイン
  • カート

In Bloom(インブルーム)

DIA3770U 水沢ダウン(ミズサワダウン)MIZUSAWA DOWN JACKET“MOUNTAINEER”【2017AW】 DIA3770U 水沢ダウン(ミズサワダウン)MIZUSAWA DOWN JACKET“MOUNTAINEER”【2017AW】 DIA3770U 水沢ダウン(ミズサワダウン)MIZUSAWA DOWN JACKET“MOUNTAINEER”【2017AW】 DIA3770U 水沢ダウン(ミズサワダウン)MIZUSAWA DOWN JACKET“MOUNTAINEER”【2017AW】 DIA3770U 水沢ダウン(ミズサワダウン)MIZUSAWA DOWN JACKET“MOUNTAINEER”【2017AW】
DIA3770U 水沢ダウン(ミズサワダウン)MIZUSAWA DOWN JACKET“MOUNTAINEER”【2017AW】 DIA3770U 水沢ダウン(ミズサワダウン)MIZUSAWA DOWN JACKET“MOUNTAINEER”【2017AW】 DIA3770U 水沢ダウン(ミズサワダウン)MIZUSAWA DOWN JACKET“MOUNTAINEER”【2017AW】 DIA3770U 水沢ダウン(ミズサワダウン)MIZUSAWA DOWN JACKET“MOUNTAINEER”【2017AW】 DIA3770U 水沢ダウン(ミズサワダウン)MIZUSAWA DOWN JACKET“MOUNTAINEER”【2017AW】

DIA3770U 水沢ダウン(ミズサワダウン)MIZUSAWA DOWN JACKET“MOUNTAINEER”【2017AW】

DESCEVTE ALLTERRAIN(デサントオルテライン

DIA3770U 水沢ダウン(ミズサワダウン)MIZUSAWA DOWN JACKET“MOUNTAINEER”【2017AW】

¥108,000 (税込)

サイズ

カラー

個数  

カートへ入れる

COMMENT

水沢ダウンジャケットの中でもさらなる快適性と機能性を追求したハイスペックモデル「マウンテニア」。熱接着ノンキルト加工とシームテープ加工により、水分含浸を防ぎ、高い耐水性を実現。雨や雪など悪天候下での着用も考慮しフードに水や雪だまりを防ぐ「パラフード」システムを搭載。フロントジッパー部分に採用されたデュアルジップベンチレーションは、2列のジッパーとその間に配置されたメッシュ生地によりジャケット外より空気を取り込み、衣服内にこもりやすい不快な熱や湿気を逃がすことが可能です。また裏地にはデサントオリジナル保温素材HEAT NAVIを使用し、ジャケット内を快適な温度に保ちます。本物にこだわる方に着ていただきたい逸品。ISPO2013パフォーマンスセグメント・マウンテンパフォーマンスカテゴリー・アワード2受賞モデル。。

着用モデル/身長cm 着用サイズ/

アイテムサイズ

着丈 胸囲 肩幅 袖丈
M 66 110 42 67
L 68 114 43 68
O(XL) 71 116 44 70

サービスガイド

アイテム詳細

素材:<表地>本体/ポリエステル100%内衿/ポリウレタンアクリル70%:毛30%<裏地>ポリエステル100%<中わた>本体/ダウン90%:フェザー10%フード口・脇身頃・袖下/ポリエステル100%

お手入れ・洗濯上の注意

⚫︎中性洗剤使用⚫︎ひもがついている商品は、他のものに絡まないよう注意。⚫︎火気などと接触注意。⚫︎ジッパー、ボタン、面ファスナー(マジックテープなど)などのついている商品は、開いたままでは、ウェアを傷めることがあります。着用、クリーニング、収納時には閉じて下さい。⚫︎はっ水は、皮脂などの汚れや摩擦によって低下します。洗濯で汚れを落とし、クリーニング店で、はっ水加工をして下さい。⚫︎洗濯のあとは、ダウンがかたまらないようにほぐして、よく乾かして下さい。⚫︎本品にはポリウレタン樹脂皮膜を使用していますが、素材の特性上、徐々に劣化します。また、着用しない状態でも数年で劣化することがあります⚫︎汗や汚れが付着した状態や高温多湿な環境下での保管は、その耐久性を低下させます。⚫︎ご使用後は、出来るだけ早めに汚れを落とし、風通しの良い場所で保管して下さい。

この商品を洗濯する際には、水抜けをよくするために内側の両脇下にあるファスナーを開けてください。また、ウェア全体を裏返しにして、フロントファスナーは閉じた状態で洗濯を行ってください。

《ダウン製品のご注意》 ・製品には、ダウンの吹き出しにくい特殊な素材を使用していますが、着用によって、生地目から若干ダウンが飛び出す場合があります。これはダウンウェアの特性であり、避けることができません。ダウンが出ている時は、無理に引き出さずに、裏から引き戻して下さい。無理に引き出すと、穴が大きくなりダウンが吹き出しやすくなります。・縫目部分からダウンが吹き出す場合がありますが、これは、ダウンウェアの構造上避けることはできません。粘着力の弱いテープなどで取り除いてください。・着用中に雨や汗などでぬれた場合、完全に乾燥させてから、保管して下さい。ダウンが片寄ったり、腐ったり、臭気を発する場合があります。・長期期間保管される場合には、ハンガー掛けなどできるだけ圧力のかからない状態で保管して下さい。・クリーニングなどの取り扱いは、商品に縫い付けの「取り扱い絵表示」、「取り扱い注意文章」にしたがって、お取り扱い下さい。